生活情報 > くらしの情報 > 戸籍・住民票 > 外国人住民の登録制度が変わります
   ◆外国人住民の登録制度が変わります
 2012年7月9日に外国人登録法が廃止され、新たな在留管理制度が開始されるとともに、住民基本台帳法の一部を改正する法律により、外国人の方にも、日本人と同じく「住民基本台帳法」が適用され、外国人登録の情報を基に住民票が作成されることになりました。
 このことにより、外国人も含んだ世帯全員が記載された住民票の写し等が発行できるようになります。 また、入国管理局と市町村の両方に届出が必要だった在留資格や在留期間の変更が、地方入国管理局への届出のみとなるなど、外国人住民の方の各種届出が簡素化されます。  

住民票作成の対象となる外国人の方
 小布施町に外国人登録されている方で、適法に3ケ月を超えて在留する外国人の方(「短期滞在」、「外交」または「公用」の在留資格が決定された方を除く)で、施行日に小布施町に住所を有すると見込まれる外国人の方。

「仮住民票(仮住民票記載事項通知書)」の内容の確認をお願いします
  5月下旬にお送りする「仮住民票(仮住民票記載事項通知書)」をご確認いただき、記載内容に誤りがある場合は、7月2日(月)までに生活環境グループまで申し出てください。外国人登録の変更手続き後に修正作業等を行い、施行日に仮住民票から住民票に移行されます。
 申し出がない場合は、今回通知した内容で住民票に記載されます。今まで、氏名の文字を「簡体字」などで外国人登録されていた人は、住民基本台帳では日本の「正字」による記載となりますのであらかじめご了承ください。 また、外国籍の方と日本国籍の方が一緒に住んでいる場合は、一つの世帯になりますので、世帯主や続柄が今までと変わることがあります。続柄を変更したい場合はご連絡ください。

総務省ホームページ「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」(外部リンク)

法務省ホームページ「新しい在留管理制度がスタート」(外部リンク)

お問い合わせ先
小布施町役場生活環境グループ
直通電話  026-214-9109
代表電話  026-247-3111
FAX   026-247-3113
E-mail seikatsu@town.obuse.nagano.jp