募集・案内 > 信州小布施ふるさと応援寄附金
   ◆信州小布施ふるさと応援寄附金
「ふるさと納税」は、ふるさとへの寄附金です “小布施が好き”“なにか小布施の力になりたい” そんなあなたの想いを「寄附金」という形にして応援いただくと、住民税や所得税が軽減されます。
 平成20年5月から個人住民税の寄附金制度が拡充され、子ども時代を過ごした自治体など、現在居住している自治体以外の自治体に住民税の一部を寄附金(ふるさと納税)という形で納めていただくことができるようになりました。

 小布施町では、歴史・文化・自然・風土など恵まれた資源を活かしながら、そこに住む人々自身が幸せになる、生き生きと暮らすことで、魅力あるまちづくりを実現してきました。これからも多くの皆様のご支援をいただきながら「ふるさと信州小布施」を守り育て、さらに魅力あふれるまちにしていきたいと考えております。

 小布施町にゆかりや思い出のある皆様、またこの制度の趣旨にご賛同いただける皆様におかれましては、小布施町への想いを形にしていただき、ぜひ「ふるさと納税」を活用し、小布施町を応援していただきますようお願い申し上げます。


●信州小布施ふるさと応援寄附リーフレット(PDF)


 寄附の使いみちは、寄附してくださる皆様に選んでいただきます
信州小布施ふるさと応援寄附によって寄附金をお申込の際には、以下の5つの事業・分野の中から、寄附金の使いみちを選んでいただくことができます。
皆様からいただきました寄附金につきましては、各事業・分野の推進のために有効に活用させていただきます。
1.未来を担う人材の育成・教育に関する事業
1.未来を担う人材の育成・教育に関する事業


未来の小布施・日本を担う人材の育成・教育に取り組みます。
異年齢・異世代間の交流やさまざまな体験活動を通じたたくましい子どもの育成、交流と創造を楽しみ・学ぶ拠点の充実、幼児期から学童期の一貫教育、食育の推進などの子育て支援や生涯教育を進めます。

●子ども教室の運営  ●図書館(交流センター)蔵書整備  ●幼保小中一貫教育の推進  ●食育の推進 など
2.健康に暮らすための福祉の充実に関する事業
2.健康に暮らすための福祉の充実に関する事業

全国に先駆けて取り組んできた介護予防事業などにより、健康長寿のまちを目指します。小さな町のメリットを活かし、優しさと助け合いの「顔の見える福祉」のまちづくりを進めます。

●高齢者在宅支援事業  ●ボランティア活動支援事業  ●一人暮らし高齢者等生活支援事業  ●介護予防支援事業 など
3.活力ある産業の創出に関する事業
3.活力ある産業の創出に関する事業


自立のまち小布施にとって、活力ある産業の創出は最重要課題の一つです。農作物のブランド化、魅力ある商店街づくりに向けた拠点の整備、景観と調和した工場の集団化など、新たな価値の創造に積極的に取り組みます。

●「小布施屋」ブランド戦略  ●都市農村交流  ●中心市街地の活性化  ●工場の集団化の推進 など
4.和みの空間の創造など景観に関する事業
4.和みの空間の創造など景観に関する事業


どこか懐かしさと安らぎを感じる小布施の街は、住む人自身が生き生きと暮らす空間でもあります。今なお残る農村景観の保全、和みの空間の創造など景観の持つ価値に着目し、産学官民一体となったさまざまな事業を展開します。

●栗木歩道、里道の整備  ●東京理科大学・小布施まちづくり研究所  ●花のまちづくり(オープンガーデン) など
5.住民と協働のまちづくり・交流に関する事業
5.住民と協働のまちづくり・交流に関する事業


より住みよいまちづくりを目指し、常に住民と行政のコラボレーションでまちづくりを進めてきた小布施町。おいでいただく皆さんからの新たな刺激 = 「交流」を活力に、協働のまちづくりを進めます。

●小布施まちづくり委員会への活動支援  ●まちづくり団体への活動支援  ●東京都墨田区との交流事業  など
特に使いみちの希望がない場合でも寄附をお受けしますので、その場合は「6.特に使途の指定なし」を選んでください。何も記入がないときには、町長が使いみちを選択させていただきます。
 寄附をすると、税額が軽減されます

 小布施町に寄附していただくと、寄附した金額の5,000円を超える部分について、一定限度額まで個人住民税と所得税からそれぞれ控除されます(住民税の控除は平成20年1月1日以降の寄付金について、平成21年度の課税分から対象となります)。

【所得税からの所得控除】
寄附金の合計額から5,000円を控除した額が所得金額から控除されます。
ただし、控除の対象となる寄附金の額は、地方公共団体に対する寄附金以外の寄附金とあわせて、年間の総所得金額の40%が限度です。

【住民税の税額控除】
 次の算式により計算した額が、翌年の住民税額(所得割額)から控除されます。
   A (その年の寄附金の合計額 − 5,000円) × 10%
   B (その年の寄附金の合計額 − 5,000円) ×(90% − 所得税の税率)
   税額控除額=A+B
 ただし、Bの額については個人住民税所得割額の1割を限度とします。また、控除の対象となる寄附金の額は地方公共団体に対する寄附金以外の寄附金とあわせて、年間総所得金額の30%が限度です。


住民税の税額控除のモデルケース図

●所得税の所得控除による軽減税額
  (40,000円 − 5,000円) × 10%(所得税の税率) = 3,500円
●住民税の税額控除
  @(40,000円 − 5,000円) × 10% = 3,500円
  A(40,000円 − 5,000円) ×(90% − 10%) = 28,000円(※)
    (※)個人住民税所得割額の1割(29,350円)以内なので全額控除
  @ + A = 31,500円
 所得税、住民税あわせて、35,000円の税額が軽減されます。


※ 住民税が実際に軽減されるのは寄附をした翌年度の住民税です。また、所得税は寄附をしたその年の税額が軽減されます。
※ 地方公共団体への寄附のうち、5,000円を超える部分が控除対象となるため、5,000円以下の場合は住民税は軽減されません。

寄附金控除の手続きには、所得税の確定申告または住民税の申告が必要です

どの地方公共団体へ寄附した場合でも寄附金控除の対象となりますが、この制度での寄附金控除を受けようとする場合は、寄附した翌年の3月15日までに寄附した地方公共団体からの領収書などを添えて、最寄りの税務署に確定申告を行っていただく必要があります。所得税の申告の必要のない方で、住民税のみの寄附金税額控除を受けようとする方は、お住まいの市町村で申告をしてください。


総務省 ふるさと納税に関するQ&Aのページはこちら↓
http://www.soumu.go.jp/menu_00/important/080430_2_kojin.html


 寄附までの流れ

1.寄附申込書の入手
  ご希望の方には、寄附申出書を、郵便、Fax、電子メールのいずれかでお送りします。
以下からもダウンロードできます。
    寄附申込書(Word版)
    寄附申込書(PDF版)

2.寄附の申し込み
郵送、Fax、電子メールのいずれかで寄附申込書を提出してください。
寄附申出書に寄附金額、使途の指定など必要事項を記入して下さい。

  郵 送/〒381-0297 長野県上高井郡小布施町大字小布施1491-2 小布施町役場 総務グループ
  Fax/026-247-3113
  電子メール/soumu@town.obuse.nagano.jp

3.寄附金の払い込み
  寄附金は「納付書」、「現金書留」、「窓口持参」のいずれかの方法でお願いします。払込方法は、寄附申出書を提出される際に選択してください。

●小布施町から郵送された「納付書」で寄附いただく場合(振込手数料は無料です)
後日、納付書を郵送しますので、以下の金融機関の窓口で入金してください。
取扱金融機関:八十二銀行、長野信用金庫、須高農業協同組合、ゆうちょ銀行
(取扱金融機関窓口以外で寄附される場合は手数料がかかります)

●現金書留で寄附いただく場合(郵送料はご負担ください)
現金書留の封筒に、寄附申出書と現金を同封の上、小布施町役場総務グループへ郵送してください。
事前に寄附申出書を送っていただいた場合、申出書受領後、確認の電話をさせていただきますので、その後郵送してください。

●窓口に直接お持ちいただく場合
寄附申出書と現金をお持ちいただき、小布施町役場総務グループまでお越ください。

4.寄附金受領証明書の発行
  寄付金の入金を確認後、当町から受領を証明する書類を郵送します。受領証明書は再発行できませんので大切に保管してください。

※地方自治体がふるさと納税(寄附)を強要することはありません。不当請求や詐欺にご注意ください。

 寄附の状況
 「信州小布施ふるさと応援寄附金」の取り組みに対し、各段のご理解を賜りまことにありがとうございます。お寄せいただきましたご寄附は、今後ご指定をいただきましたまちづくりに大切に活用させていただきます。
 寄附をいただいた方のお名前は、ご了解をいただいた方のみ掲載しています。

お問い合わせ先(制度全般に関すること)

小布施町役場総務グループ
電話  026-247-3111
FAX   026-247-3113
E-mail soumu@town.obuse.nagano.jp


お問い合わせ先(寄附金制度に関すること)

小布施町役場税務グループ
電話  026-247-3111
FAX   026-247-3113
E-mail zeimu@town.obuse.nagano.jp